Page: 3/6  << >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| ホームヘルパー | | - | - | pookmark |

ホームヘルパー3級の廃止とこれから

 ホームヘルパー3級は、廃止になりました。ホームヘルパーには3級、2級、1級とありましたが、3級の資格ではもう仕事をするのに適さない状況です。なぜなら、介護保険改正により、平成20(2009)年4月以降は介護報酬が取りやめになり、事実上ホームヘルパー3級での仕事は出来なくなったからです。

ここでは、廃止されたホームヘルパー3級とは何だったのかをおさらいしておきましょう。ホームヘルパー3級の資格を取る為の講座レベルは、家族の介護をするとか、介護について学びたいという人向けの講座だったといえるでしょう。ホームヘルパー3級は、家庭介護者向けで、介護の入門編であったといえますね。この資格を得るには、50時間の講習を受けると認定されていました。講習の内容は、どうだったかと言うと、座学での講義が25時間、お互いを要介護者に仮定した実技講習が17時間、在宅サービス提供の現場を見学する実習が8時間の計50時間です。

ホームヘルパー3級は家事のお手伝いをすることだけが出来て、身体介護や大きな介護サービスの仕事ができなかったので、実用度は低かったのです。ホームヘルパー3級の講習をおこなっていた学校や事業者はほとんどなくて、家庭で家族介護にあたる人を対象に自治体が中心になって行っていました。

さて、なぜ介護保険改正がされたのかを考えて見ましょう。それは、今後、日本は高齢化が進み、たくさんの高齢者の一人暮らしが見込まれているからです。そして、より専門的スキルを持った介護をする人材が必要とされているのです。安定的に介護保険制度が運営されるように、介護サービスの質、介護職員の専門性の向上を図る目的があります。

そのような経緯があり平成18年度から、介護職員の研修体系が見直されました。これまでの「訪問介護員養成研修」に、500時間の「介護職員基礎研修」が新たに追加され、「介護員養成研修」とかわりました。現状、この介護業界は慢性的な人手不足です。需要に供給が追いついていません。こういった問題があるため、厚生労働省は2010年度にはホームヘルパーの数58万人にまで増やそうと計画しています。

ホームヘルパーの仕事
ホームヘルパー2級
ホームヘルパー2級 講座

JUGEMテーマ:お仕事
| ホームヘルパー | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    

ホームヘルパーの資格取得するぞ!の最新記事

    

Recommend

Sponsored Links

広告

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode